今回の展覧会で気がつくことは長谷川さんの建築に見られるインスタレーション的なものがあまり見られなかった一方で、一つ一つの建築をきちっと見せようとしていて、見る者を十分説得させるものであった。このところコンセプチュアルなイメージだけが先行する展覧会が多いだけに非常に好感が持たれた。個人的にはひとつあってもよかったのではと思えるのが、山梨のフルーツ公園や新潟のような圧倒的な大きなスケールを伝える展示である。

 

湘南台文化センターの人々に与えた印象は強烈で、以降長谷川さんのスタイルのように捉えられてしまうふしがある。確かにある時期からそういった傾向にあったことは確かであるが、今回の展覧会を見てそれは湘南台を最後にしてなくなっていて、新たな試行として二つの流れがあるように思われる。一つは巨大なプログラムをあるシンプルなフォルムの中に入れ込む方法で、もう一つはいくつかのフラグメントを構成して建築を作っていくやり方である。これは湘南台以降大きなプロジェクトをする機会が増えたことによる。前者では内部のプログラムの間に豊かな空間を作り出すと同時に巨大なオブジェとなる危険を抱えている。その場合にファサードの扱いが非常に重要な要素となってくることは言うまでもない。後者の場合、構成している要素によって外部空間をいかに質化していくところに重点がある。特に三浦アートヴィレッジでの二つの平行でかつ、ずらされた要素とそれらをつなぐ持ち上げられた部分から作り出される空間は楽しみである。

 

 

01

02

03