内装でも躯体やファサード等を扱う工事になると、工事費も簡単な新築工事よりも高くなる。こちらでは石造りの支持壁を壊してH型鋼で飛ばしたり、床を壊して階段や吹抜を造るのは日常的に行われている。こういった工事になると最低10,000フラン/m2(税込)になる。

 

フランスでは工事の大小にかかわらず基本的には分離発注である。もちろんゼネコンもあるが積算が分離発注に基づいているため、ゼネコン自体法外な入札ができないでいる。これが工事費を抑える一つの方法になっている。

 

 

 

01

02

03

04

05

06